A 破産・整理

借入に際しては、あなたにとっての最低額をおすすめします。

借りないで済めば、それに越したことはないのですが、どうしてもお金を用立てる必要のある時って、避けようがないものです。
まとまったお金が必要な時、すぐに貸してもらえる人がいない場合は本当に困ってしまいます。そんな時は銀行やノンバンクからお金を借りてしのぐしか他にありませんが、金利の仕組みなど最低限のことは確認した上で計画的に利用しましょう。
このページはキャッシング、カードローンの債務整理ガイドです。

キャッシング、カードローンの手引き(破産・整理)

 キャッシングやクレジットカードで問題となるのは返済ができなくなった時です。
返済のために新たな借金を重ねることだけは断じて止めましょう。
返済で困ってどうしようもなくなった時、是非知っておきたいのが、債務整理の方法です。

◆ 自己破産

狭義の破産のうち、債務者自身の申立てにより破産手続開始決定を受ける場合を自己破産という。本来の破産手続は、債務者の財産を管理・換価して、総債権者に公平な弁済を受けさせるための手続であるが、現在、ほとんどの自己破産の申立ては、債務者の財産を換価しないまま免責を得るための手段として利用されている。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
債務整理ガイドTOP

◆ 任意整理

債務者が債権者らと任意に協議して財産関係を処理することをいう。債務者が個人である場合には経済的再生を目的とすることになる。
債権者が消費者金融、クレジット会社、銀行などの場合は、債務者本人が任意整理をしようとしても債権者がこれを相手にすることは少ないため、通常は弁護士などに依頼することになる。
債権者らが消費者金融の場合、約定利息を利息制限法に引きなおすことで債務額を減額し、また36回から60回程度の分割払いで和解することによって債務を整理することが多い。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
債務整理ガイドTOP

◆ 個人民事再生

手続を利用できる債務者の範囲については法律上の制限はなく、個人、株式会社その他の法人などが利用できる。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
債務整理ガイドTOP

◆ 特定調停

特定調停とは、借金の返済が滞りつつある借主について、裁判所が、借主と貸主その他の利害関係人(保証人など)との話し合いを仲介し、返済条件の軽減等の合意が成立するよう働き掛け、借主が経済的に立ち直れるよう支援する手続である。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
債務整理ガイドTOP


HOME > 相互リンク >      
Copyright(C)2007 キャッシング・カードローンの活用ガイド All Rights Reserved.